フードコーディネーターの仕事とは?

フードコーディネーターの試験概要

フードコーディネーターの資格を取得するためには、日本フードコーディネーター協会(JFCA)の行っている認定試験を受けなければなりません。

 

JFCAの行っている認定試験は、国家資格ではなく民間資格というものです。

 

そのため、フードコーディネーターの仕事をする際、必ず資格が必要という事ではありませんが、自分の実力をレベルに応じて認定してもらうために取得します。

 

フードコーディネーターの試験には3級と2級があります。

 

どちらの検定試験も年に1回行われます。

 

3級の受験には特に条件などは無いのですが、2級を受けるためにはまず3級の資格を持っている必要があるという条件があるので注意が必要です。

 

フードコーディネーター3級の試験はデザイン・アート、科学、文化、経済・経営についての基本的な知識について出題されます。

 

4科目合計で200分、マークシート方式で50〜60問程度出題されます。

 

受験料は、一般人では10000円必要ですが、JFCAの会員であれば5000円で受けられます。

 

2級の試験はさらに難易度が高くなり、合格するためにはプロとして通用するための知識や技術、実力が必要となるでしょう。

 

フードコーディネーター2級の試験は、1次試験、2次試験の2回受けなければなりません。

 

1次試験では、食イベントメディア、ホスピタリティ・ライフサポート、レストランプロデュース、食の商品開発の4科目をマークシート方式で200分行われます。

 

1次試験に合格すると2次試験として、選択した専門分野の論述や企画書の問題を2テーマ、各60分ずつ記述式で行われるのです。

フードコーディネーターの試験概要関連エントリー


フードコーディネーターの仕事と資格取得方法を教えます

Copyright (C) 2010 フードコーディネーターの資格取得ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

フードコーディネーターの試験概要