フードコーディネーターの仕事とは?

フードコーディネーターの資格取得方法

フードコーディネーターの資格を取得する為には、専門学校に通ったり、通信教育・講座などを用するのが一番確実で早く取得できる方法でしょう。

 

フードコーディネーターの資格を取るには、食材知識・調理科学・栄養・食の安全などの科学、食の歴史・文化・サービス・マナーなどの文化、テーブルコーディネートなどのデザイン・アート、マーケティングやマネージメントの経済・経営の勉強をしなければなりません。

 

これらの勉強を独学で行うということは大変難しく、かなり強い意志の持ち主でなければ勉強を続けにくい様です。

 

学校や通信教育を利用しての勉強は、高い費用がかかってしまうというデメリットがありますが、確実に資格につながっていく可能性が高いというメリットもあります。

 

また、学校などを利用するとレッスンのカリキュラムもきちんと組まれているので、一定の期間で一通りの勉強を終えることができ、資格検定試験を受けることができます。

 

その他、資格を取得するために、学校に行くのではなく現在活躍しているフードコーディネーターのアシスタントとして経験を積むという道もあるでしょう。

 

こちらの方法は、実践的な経験を身につけられるというメリットがありますが、どれくらいの期間で試験を受けることができるようになるかなどが決まっていないので、時間がかかってしまうこともあるでしょう。

 

いずれの方法を選択するにしても、フードコーディネーターの認定試験は年に1度しかないので、受験のタイミングを見ながら勉強を始めましょう。

フードコーディネーターの資格取得方法関連エントリー


フードコーディネーターの仕事と資格取得方法を教えます

Copyright (C) 2010 フードコーディネーターの資格取得ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

フードコーディネーターの資格取得方法