フードコーディネーターの仕事とは?

フードコーディネーターの資格についての概要・種類

フードコーディネーターになる為に、必ず資格を取らなければ仕事ができないというわけではありません。

 

しかし、多くの人は受験し資格を取得してからフードコーディネーターの仕事についているようです。

 

フードコーディネーターの資格は、2級と3級の2種類あります。

 

3級の資格は、フードコーディネーターとしての入り口に立ったという程度の位置づけで考えられており、3級を取ったからといってすぐに一人前のフードコーディネーターと認められるわけではありません。

 

2級の資格は3級よりもさらにレベルアップして、フードコーディネーターのアシスタントとして仕事をすることのできるレベルだといわれています。

 

3級が、幅広い食に関する知識を勉強するのに対して、2級ではフードコーディネートの技術的なことはだけではなく、さらに高いマネージメント能力なども求められる様です。

 

フードコーディネーターの資格は2級、3級ともに年1回実施されます。

 

試験科目は、科学、文化、デザイン・アート、経済・経営の4科目になっており、それぞれ50分ずつの筆記試験となっています。

 

それぞれの試験に合格すると、認定登録をする必要があります。

 

合格発表の後に、認定登録料として20,000円振り込めば、認定証と認定カードが発行されます。

 

フードコーディネーター2級の資格は、まず3級の資格を取得しなければ取ることができないと決められています。

 

その他に、調理師や栄養士などの資格を持っていると、科学、文化の試験を免除してもらえるという特典があります。

フードコーディネーターの資格についての概要・種類関連エントリー


フードコーディネーターの仕事と資格取得方法を教えます

Copyright (C) 2010 フードコーディネーターの資格取得ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

フードコーディネーターの資格についての概要・種類