フードコーディネーターの仕事とは?

フードコーディネーターの役割

フードコーディネーターになるには、専門学校などで勉強をして資格を取得し、食に関する様々な分野で活躍することになるでしょう。

 

様々な分野で活躍するフードコーディネーターですが、主なお仕事は「食」をプロデュースすることになります。

 

フードコーディネーターの仕事の一例として、料理雑誌や食品のカタログ、商品パッケージなどの製作に関わるという仕事もあります。

 

こういった際のフードコーディネーターの役割は、いかに食材や料理をより美味しそうに見せられるかということにあります。

 

温かいものには湯気をつけ加えたり、よく冷えたドリンクなどでは水滴をつけるなどの演出で消費者にアピールする商品にすることが重要な事なのです。

 

フードコーディネーターの仕事は、食べてみたい、購入してみたいと思ってもらえるような演出をする技術やアイデアが必要不可欠です。

 

また、企業や飲食店、ホテルなどの仕事を行うときには、その会社の商品を使ってのレシピ開発やメニューの提案などを行う場合もあります。

 

メニューの提案といっても、なんでもよいというわけではなく、そのお店の雰囲気にあっているものかどうか、消費者の求めているものであるかどうかなど、広い視点での提案が必要となるでしょう。

 

フードコーディネーターの役割は、勉強して資格を取得する際にきちんと習うことになりますが、この仕事は資格を取得したからもういいというものではありません。

 

日々、センスを磨いたり、コミュニケーション能力を高めたり、関連のある資格の勉強をしたりという努力を続けたいくことが重要でしょう。

フードコーディネーターの役割関連エントリー


フードコーディネーターの仕事と資格取得方法を教えます

Copyright (C) 2010 フードコーディネーターの資格取得ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

フードコーディネーターの役割