フードコーディネーターの仕事とは?

フードコーディネーターの仕事内容

フードコーディネーターの仕事は、料理を美味しく見せることや美しく見せること、飲食店が成功するようにコンサルティング業務を行う事やメニューの開発など、幅広くさまざまな仕事があります。

 

例えば、料理関係の雑誌や広告などのコーディネートを行う場合、決められた料理についてのフードコーディネートだけではなくレシピの提案などを行う場合もあります。

 

料理は当然のこと、撮影に使う食器やカトラリー、テーブルを彩るための花や小物などにいたるまで、総合的に演出する必要もあるので、食品に対しての知識だけではなく、その周りのアイテムについての知識も必要になります。

 

フードコーディネーターの資格を取る際に、併せて他のコーディネート技術に関する資格を取得する人も居るようです。

 

その他、コンサルティング会社でのフードコーディネーターの仕事は、新しい商品の開発や提案などを行う場合もあります。

 

その際には、企画力やプレゼンテーション能力なども重要になります。

 

食に関係する仕事のフードコーディネーターですが、食品についての知識だけではなく、飲食店のコンサルティング業務を行うときには、新しい発想やひらめき、コミュニケーションの能力も求められるでしょう。

 

もちろん、専門学校などで資格を取得するときにこれらについての学習も行われています。

 

また、新しいレシピを生み出したり、様々なテーマに基づいたレシピを考えることによって、本を出版する人もいたりするので、フードコーディネーターのお仕事は資格のための勉強だけでなく本当にいろいろなフィールドに及んでいるといえるでしょう。

フードコーディネーターの仕事内容関連エントリー


フードコーディネーターの仕事と資格取得方法を教えます

Copyright (C) 2010 フードコーディネーターの資格取得ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

フードコーディネーターの仕事内容