フードコーディネーターの仕事とは?

フードコーディネーターになるルート

 

フードコーディネータになるためのルートは複数あります。

 

一番、一般的な方法としては、フードコーディネーターの資格を取得できる専門学校に通い、そこから食に関する企業や事務所、料理教室などに就職するという道です。

 

フードコーディネーターの仕事は、食に関すること全てに関わっているので、いろいろな方面で活躍することができるでしょう。

 

更に、フードコーディネーターを養成するための学校なので、食品関係の就職先との繋がりもあると考えられるので、就職のためには一番安定したルートだとも言えるでしょう。

 

また、専門学校に通うことはせず、独学や通信教育の教材を利用し勉強をして、フードコーディネーターの資格を取得し、仕事をはじめるという道もあるでしょう。

 

フードコーディネーターの資格がありますが、必ずしも資格が必要というわけではなく、資格を取得せずに仕事をはじめている人もたくさん居るようです。

 

その他には、現在活躍している料理研究家といわれる方たちのアシスタントとして採用されるということもフードコーディネーターになるための一つの手段でしょう。

 

一人の料理研究家にアシスタントの方が複数人付いていることもよくあるので、このルートで仕事を見つけている人も多い様です。

 

しかし、料理研究家のアシスタントの求人は一般的なお仕事情報誌などに載っているとはあまり考えにくいので、もし、好きな料理研究家の方がいるのならば、直接その方にお手紙を書いて熱意をアピールする事をお薦めします。

フードコーディネーターになるルート関連エントリー


フードコーディネーターの仕事と資格取得方法を教えます

Copyright (C) 2010 フードコーディネーターの資格取得ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

フードコーディネーターになるルート