フードコーディネーターの仕事とは?

フードコーディネーターに求められる能力

フードコーディネーターの仕事は、食に関係する事柄すべてに渡っています。

 

そのため、いろいろな職場、現場で役に立つさまざまなスキルが必要な仕事であるとも言えるでしょう。

 

まずは、フードコーディネーターとして料理や食材を美しく、美味しく見せるためのセンスやアイデア力が求められます。

 

センスを磨くために、フードコーディネーターの資格と併せて、カラーコーディネートやフラワーアレンジ、テーブルコーディネートなどの資格・技術を身につける人も多いようです。

 

料理雑誌やテレビの番組などで料理を美味しそうに見せること以外にも、フードコーディネーターのお仕事はあります。

 

フードコンサルティング会社でのフードコーディネーターの仕事では、いろいろな飲食飲食店の経営に関しての提案を行ったり、商品開発に関わったりします。

 

そのため、その場限りのアイデアや提案ではなく、先を見通すことのできる判断力や企画力も求められるでしょう。

 

その他には、フードコーディネーターの資格を得るために必須のスキルではありませんが、他の人との差別化として栄養士資格、調理師免許、料理を撮影するときのための写真の知識などの能力を持っていると、仕事をする上で有利に働いてくれるでしょう。

 

最初はアシスタントとして仕事をスタートする人も多く、なかなか一人前になるまでに時間がかかってしまうことも多い仕事なので、勉強を続ける気持ちや諦めないという思いを持ち続けるという粘り強さも必要とされる能力ではないでしょうか。

フードコーディネーターに求められる能力関連エントリー


フードコーディネーターの仕事と資格取得方法を教えます

Copyright (C) 2010 フードコーディネーターの資格取得ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

フードコーディネーターに求められる能力